上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おひちゃんねる
オープンワールドのFPSは結構あるが
オープンワールドTPSで面白いものは限られる

リアル系 現代のオープンワールドTPSが大好きな自分が
PS3かPS4で実際プレイして面白かったものをご紹介。


用語
オープンワールド→広大な世界を自由に動き回われる
※反対がリニア
TPS→サードパーソンシューティングゲームの略で三人称視点で自分の操作するキャラが見える
FPS→ファーストパーソンシューティングゲームの略で一人称視点
リアル系→見た目や設定がアニメっぽくないもの、
現代のオープンワールド→オープンワールド型はファンタジー世界が多いイメージ


現代のオープンワールドTPSで面白いのあったら教えてくださいw

ライズ オブ ザ トゥームレイダーサバイバル系アドベンチャー



※以下RTRと表記
2015年11月にXboxで発売され
2016年10月にPS4用に全追加DLCとVR対応コンテンツを含んだ
20周年スペシャルパッケージとして発売された。

長年続くシリーズだが
Xbox版が発売されてから約一年。。。
PS一押し?の某Uチャーテッドと被るイメージもあり
世間ではノーマークな感じなんだろうけど
これがなかなか面白い

公式がうたっているジャンルはサバイバルアクション
自分に言わせれば
サバイバルアドベンチャーパズルアクションオープン系TPS。。。
よくあるちょっとしたアクションアドベンチャーと
よくある「どこ行くんだ?」と道などを探すパズルの組み合わせ

某Uチャーテッドはリニアで話をなぞるだけのゲームだが
RTRはオープンワールド型リニア
つまり、ある程度道筋の決まったマップの中を
自由に散策出来る
更には
スキルの取得や武器の改造といった
ロープレ要素やサバイバル要素もあり
(※本編とは別に実際のサバイバルモードも搭載オンライ協力プレイ有)
UCテッドのの二倍は面白いと言っても過言ではないw
2016年発売の作品の中では上位でオススメ出来る作品

RTR日本公式サイト


Fallout4ハイブリッドゲーム



2015年12月17日に発売された
アドベンチャーサバイバルRPG

一人称視点(三人称でも可)で広大なマップを自由に探索しながら
クエスト等をこなしていくアドベンチャー要素は勿論
クラフトで拠点を築きあげてるサバイバル要素
そこに人を集め発展させるシュミレーション要素
化物が突然襲ってくるホラーの要素まであるハイブリッドゲーム

豊富なクエスト
レベルアップ、独自のスキルシステム
マップ探索等々
やり込み度がかなりあり楽しめる

オンラインが無いのでマイナス0.5と言うことで


グランドセフトオート5



(PS4等の次世代機ではFPSプレイも可能)

超有名タイトルだがグラセフシリーズファンとしては外せ無いし
オンライン込(後述)で実際かなり面白く
途中やらない時期はあったにせよ発売から2年経った今でもまだプレイする時がある…

TPSでは数少ないリアル系現代(ロサンゼルスをモデルにした町)が舞台
(グランドセフトオートサンアンドレアスと同じ)
しかも完全オープンワールド
大体のオープンワールド型のゲームは
壁や建物の上など行けない場所があったり
マップ切り替えによって各エリアを移動するなど
ある程度限られた場所しか行けず
作り込みもそこそこで箱庭感が強く
マップ散策なんてすぐに飽きてしまうが
このGTA5は舞台になっている島(回りの海も含み)で
行けない場所がまず無い
プレイヤーが乗れる乗り物からしても
地上は勿論、空、海(川)、海底へも自由に移動でき
屋内へ入る場合も(オンラインの自宅は除き)シームレスで
これを自分は「完全オープンワールド」と呼んでいる

なのでGTA5の世界に居ても他のオープンワールド型ゲームよりも閉塞感が無く
グランドセフトオートシリーズ全般に言えることだが
ゲームプレイの自由度が高く
時にはラジオの音楽を聴きながら車でドライブして景色を楽しむなんてことも
全然ありw
こんなゲーム TPSでは他に無いのではないだろうか
また
これまでのGTAシリーズでは
主人公ひとりがギャング、マフィア、チンピラの下っ端から成り上がる
と言ったサクセスストーリーだが
今作は三人の主人公が居て
それぞれの境遇が交差しながら物語が進行する。
三人固有の必殺技的なスキルも持っているw

それぞれ三人固有のミッションもあるので
必要に応じてにスイッチ(交代)
マップ内を自由に移動してる時は勿論
メインストーリのミッションでは
ひとりが潜入してもう一人が狙撃するなどのスイッチプレイも用意されている
本編ではこのスイッチシステムが最大の特徴だろう




グランドセフトオートオンライン

オンラインも充実していて
GTA5と「同梱」と言うだけあって
GTAオンラインだけでも十分楽しめる内容になっているし
やり込め度はオフライン(シングルプレイ)の非ではなく
自分オリジナルキャラを作って
色々なジョブ(ミッション、クエスト、レース等々)をやると
RPと言う経験値的なものとゲーム内通貨のGTAドルが貰えるので
レベル(ランク)を上げつつお金を稼いで
ランクに応じた強い武器を買ったり
乗り物を買ったり
アパートを買ったり
服(ファッション)を買ったり
銃撃や運転等をこなすことで上がる射撃や運転等の能力ステータスを上げたりと
RPG要素が満載なのです。

オフライン(シングルプレイ)と同じ広大なマップ内を自由に移動可能で
フリーセッション(通称野良)と呼ばれるセッション内に
最大16人or30名(PS4等)の他プレイヤーが居て
スポーツやゲーム(ゴルフ、テニス、ダーツ、ウデ相撲)
町中で殺し合ったりと対戦することが可能。

他プレイヤーと交流くしたり、車を集めたり、写真を撮ったり
マップ内をブラブラするだけでも楽しめるので
アクションゲームが苦手で
オフライン(シングルプレイ)を最後までやってないのに
オンラインだけやってる人も中には居る。

ジョブをやる時はフリーセッション内でマップ上のマーカー等からアクセス
ジョブごとにセッション(集まり)が作られ参加者を募る。

メンバーを自動マッチングしてくれる機能があるので
フレンドが居なくても問題ない。
また
デスマッチ等の対戦が苦手な人でも
ミッション、強盗と言った他プレイヤーと協力して行うジョブも充実しており
対戦型ミッションをやらなくても十分に遊べる。

発売当初より切望されていて近年実装された強盗ミッションは
それまでのコンテンツを凌ぐ
かなりのボリュームと高い完成度を誇ている。

オープンワールドTPSが好きな人でやったことない人は居ないだろうけど
仮にやってないならプレイしても詰まらないなんてことはまず無いでしょう。


ウォッチドッグス



数少ないリアル系 現代のオープンワールドTPS
シカゴを再現した町が舞台
背景的なこと(現代のオープンワールドでクライム系等)もあり
GTA5と比較されて「面白くない」と言われる事が多いが
全く別モノと考えた方が良い。

プレイヤーが乗れる乗り物も車系とボートと電車程度
他に類を見ない完全オープンワールドのGTA5と比較するのは酷である。

それにウォッチドッグスは
どちらかと言うと、ステルスゲーム。

GTA5はステルス要素はあるにせよ
銃器にオートエイム(自動照準)があり
ガンガン戦闘して敵を倒して行くアクションゲーム寄りだが
ウォッチドッグスには自動照準が無く、
体力も可視化されてないので
攻撃を受けると直ぐ死んでしまう。
メインのミッションを戦闘(射撃)だけで切り抜けて行くのは
FPS好きな人でも結構厳しい筈
そのかわり
ハッキングと言う、他のTPSではあまりない方法で
9割方戦闘をしなくても攻略出来てしまうと言う特色もあり
自分はかなり好きな部類。

雰囲気や操作感(特に車)がGTA5を作ったロックスターのゲーム
LAノワールに非常に似ている。
※内容、システム等は全く別
このLAノワールも好きなのでそれも大きい。

世界的な広がりや大きいスパンでの自由度はGTA5に遠く及ばないが
目的達成への選択肢の自由度がかなり高く
どこをどうハッキングするか等
色々作戦を考えることが好きな人には超オススメ出来る。

オンラインはほぼ未プレイ

見つかるとゲームーオーバーな回


アサシン クリード4 ブラック フラッグ



アサシンクリードシリーズ本編4作目(6作目)
実際の史実や地形を取り入れた世界で
隠れながら敵を倒すステルスと
建物の屋根や壁を使って移動するフリーランニング
これらを駆使して攻略して行くゲーム
シリーズ中、今まで無かった最も異質で特徴なのは海戦
主人公が海賊なので船移動出来るカリブ海マップと海戦があると言うこと。
カリブ海の景色がキレイなのも特徴

海戦があることで
地上(船上)での戦闘だけでなくなるので
飽きが来ない。
その上
船を強くする目的
シュミレーションゲーム部分の強化する目的
が海戦に繋がるので
アイテム収集系等でよくある
「やらされてる感」や「やらなけらばいけない感」が殆どなく
気持ち良くゲームを進められる良バランス
その所為もあってか
あっさり終ってしまう感覚は否めない。


よくある海戦風景


PS3


LAノワール



GTAシリーズのロックスターゲームズが販売したタイトルで
400万本以上売り上げてると言うのに
開発に金かけすぎて
製作したチームボンディは倒産したらしいw
7年もかけて作ってたらそうなるわな

1947年のLAが舞台のゲームだが
当時としては画期的?
とりあえず動画↓を見てほしい


キャラの表情がやばい
捜索や尋問と言った
焦点の当て方も近年のゲームではあまりないタイプで
表情を見るなんて、昔のゲームじゃ考えられないw

動画を見て
雰囲気が嫌いじゃなく
気になるようなら買い
ただし以下の点は低い。

(1)アクション性
銃撃戦はあるものの
操作感が独特(ウォッチドッグスに居ている)なので
ガンガン行く感じではない。

(2)やり込め度
車のアンロックや
収集ものはあるものの
マップの箱庭感強く
(建物がおもちゃっぽい感じで、入れる店も多いが使いまわしが多い)
移動の煩わしさがある。

メインの話を見て行く感じが強くなると思う。
メインの捜査のマンネリ感は否めないのが非常に残念。
でも
独特の雰囲気が非常に好きな一品


レッドデッドティデンプション アンデッド・ナイトメア



こちらもGTAシリーズのロックスターゲームズが販売したタイトルで
西部版GTAとも言われ
全世界で160以上の「ゲーム・オブ・ザ・イヤー」を受賞
シリーズの総出荷数:がなんと1250万本らしいw

20世紀初頭の西部開拓時代のアメリカが舞台なのだが
射撃のアクションは勿論
「デッドアイ」と言う特殊能力で射撃の際にスローモーション状態にして
後のゲーム
ヒットマン: アブソリューションやウォッチドッグス、GTA5にも似たような表現があるが
複数の敵を撃ち抜くと言う痛快システム要素に加え
決闘、投げ縄、乗馬やギャンブル等の独特の要素
野生動物をハントして肉や皮と手に入れるといったサバイバル要素は
後のゲームにも少なからず影響を与えたと推測できる。

マルチプレイ(オンライン)にも対応~
ほんの少しやったが外国人ばかりだったw

アンデッド・ナイトメア

アンデッド・ナイトメアはレッドデッドティデンプションのスピンオフ的な話で
後日談なのか、家族と平和に暮らしていたのに
突如として周りの人々がゾンビ化すると言う
本編のシリアスな感じと相まって
ちょっとふざけた感じに思ってしまう設定なのだがw
その分、設定に自由が効くのか
全身に炎をまとった「伝説上の馬」等も登場して
下手したら本編より面白いw

後続ゲームのグラフィックや操作感に慣れてしまってからのプレイは厳しいが
PS3の中ではオススメ出来る一品

後に発売された>コンプリート・エディションでは両方楽しめるので
そちらを買うのがオススメ


おもしろいゲーム番外編

番外編ではオープンワールト、TPS、PS、プレイ済みなどの条件を満たしてないもの…<br>
だけど良ゲームをご紹介します。


リニアゲーム

オープンワールドではないリニア系TPSですが

The Last of Us ラストオブアス

はオススメ出来るレベル


PS以外のおすすめノンリニアTPS

デッドライジング3

ゾンビアクション(サバイバル、クラフト要素有)ゲーム





State of Decay

こちらも似通ったゾンビサバイバルアクションゲーム

特徴は絶対的な主人公がおらず

ゾンビにやれれて死ぬ時は体を引き裂かれてもう二度と出てきませんw
最近Xbox Oneからリマスター版が出されたようです。
そこそこ面白そうなのに
日本版が無いのが残念
どうせ日本版出ても某暗転ドーンみたいなるうくらいなら…





つづく



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。